ABOUT

MESSAGEメッセージ

誰もが宇宙に
手が届く未来を
つくる

インターステラテクノロジズは2005年、宇宙機エンジニア、科学ジャーナリスト、作家ら有志が集まり、「なつのロケット」として活動を始めたのが始まりです。2013年に北海道大樹町を本社に事業を開始しました。当時、アメリカでは既に民間宇宙ビジネスが動き出していましたが、日本ではほとんど誰もピンと来ていない時代でした。

インターステラテクノロジズはあるべき未来を予測し、その未来を実現していく会社です。誰も信じていないときに、まず一歩を踏み出し、真面目にものづくりに取り組み、周りを巻き込み、着実に実績を重ねてきました。そして2019年、国内民間単独開発のロケットとして初めての宇宙到達、2021年にはひと月に2機連続での宇宙到達という大きなマイルストーンを達成しました。数えきれない試行錯誤と苦労の連続でしたが、原動力となったのは、誰もが宇宙に手が届く未来を自分たちで実現したいという想いでした。

ロケットは
輸送業

宇宙産業は2040年に100兆円を超える巨大産業になると予測されていますが、これから加速度的に進化し、インターネットで経験したような大きなイノベーションが起きると考えられています。宇宙は今後間違いなく、地球にとって普通の経済圏となり、宇宙利用はより日常的で気軽なものとなっていきます。

宇宙への唯一の輸送手段であるロケットは、IT産業でいうとGAFAMのような、宇宙産業の根幹そしてプラットフォームです。人工衛星は半導体の進化などで小型化が進み、民間企業の参入によって打ち上げたいニーズは大幅に増えてきました。一方で、ボトルネックとなっているのが人工衛星を運ぶための輸送インフラです。私たちは低コストなロケットを、高頻度に打ち上げることで、国内はもとよりアジアにおける宇宙産業のプラットフォーム構築に貢献していきます。

ロケット、衛星。
そして地球を
変えていく。

             

私たちが今開発しているのは、特に需要が伸びている小型人工衛星を打ち上げるためのロケット「ZERO」です。その先には人工衛星開発部門Our Starsとの垂直統合、さらには北海道・日本に宇宙関連産業の一大サプライチェーンを形成することを見据えています。

宇宙産業が今後どれだけ発展し、地球の課題解決に貢献していけるかは、宇宙輸送を担うロケットと、宇宙利用のハードウェアである人工衛星という「インフラ」分野でいかに革新を起こせるかにかかっています。私たちは宇宙の総合インフラ会社として、宇宙への敷居を下げ、使い道を広げていきます。それにより、持続可能な地球の未来を、宇宙を通して実現します。

ACHIEVEMENTS実績

18 ロケット製造・
打上げ実績

44 パートナー企業

NO.1 アジア初の民間企業単独
による宇宙到達
※液体燃料ロケットでの実績

HISTORYはじまりは風呂場から

                 

全国の宇宙好きが集まって、民間による低価格の衛星打上げが可能な最小ロケットの検討をスタートしたのが始まりです。結果、数十グラムの衛星を軌道投入する打上げ重量数百kgの小型ロケットのコンセプトに至ったことが現在のロケット開発につながっています。当初は試験設備などなく、メンバーが住むアパートの風呂場で最初のロケットエンジン試験を繰り返し、その後、拠点を北海道赤平市へ。そして現在は北海道大樹町で、今も続く夢を追いかけています。

OUR TEAM私たちのチーム

稲川 貴大

稲川 貴大 TAKAHIRO INAGAWA

代表取締役 CEO

東京工業大学大学院機械物理工学専攻修了。学生時代には人力飛行機やハイブリッドロケットの設計・製造を行う。修士卒業後、インターステラテクノロジズへ入社、2014年より現職。経営と同時に技術者としてロケット開発のシステム設計なども行う。他役職:北海道科学大学客員准教授
受賞歴:宇宙開発利用大賞 内閣府特命担当大臣(宇宙政策)賞(2020) 、ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞(2023)

代表取締役 CEO

稲川 貴大

TAKAHIRO INAGAWA

中山 聡

中山 聡 SATOSHI NAKAYAMA

取締役 VP of Launch Vehicle 

大学院修了後、三菱プレシジョンに入社。ロケットや衛星等の搭載機器開発に12年間従事。基幹ロケット含む国内主要ロケットに搭載される航法センサ開発ではプロジェクトマネージャを担当。2021年1月にインターステラテクノロジズ入社、アビオニクス開発、信頼性設計、品質保証を担当し、同年9月から開発部ゼネラルマネージャー。2024年5月より現職(衛星開発部長兼務)。

取締役 VP of Launch Vehicle 

中山 聡

SATOSHI NAKAYAMA

熱田 圭史

熱田 圭史 KEIJI ATSUTA

取締役 COO

九州大学大学院航空宇宙工学専攻修了。三菱商事において自動車関連の海外営業・事業投資を担当。海外駐在時は投資した子会社に出向し、経営企画・戦略立案に従事。その後、フロンティア・マネジメントにおいて主に食品製造業・外食産業の中小企業を中心に中長期戦略策定・実行支援等に従事。2022年1月にインターステラテクノロジズに入社、事業開発、経営企画、PR・マーケティングを担当し、2024年5月より取締役 COO。

取締役 COO

熱田 圭史

KEIJI ATSUTA

辻 高広

辻 高広 TAKAHIRO TSUJI

取締役 CFO

東京大学経済学部経営学科卒業。日本政策投資銀行(DBJ)にて宇宙・航空分野の投融資を中心に12年勤務。重工メーカー所管、小型ロケット企業での海外事業開発・管理部門兼任、オランダ金融機関(ING)本社勤務を含め、 グローバルな実務から地域創生まで従事。2022年にHR-Rocketを創業し、宇宙機関・宇宙系スタートアップを中心に人的資本や資金面で伴走支援。2023年4月から資金面のアドバイザーとしてインターステラテクノロジズに参画・伴走し、2024年5月より取締役CFO。

取締役 CFO

辻 高広

TAKAHIRO TSUJI

池本 和史

池本 和史 KAZUFUMI IKEMOTO

プロジェクト室 システムマネージャー

東京工業大学大学院修了後、
株式会社本田技術研究所でエンジンのテストエンジニアとして勤務。2018年、インターステラテクノロジズに転職し、「MOMO」では誘導制御設計および飛行解析を担当。「ZERO」ではロケット全体の設計解析を担当するシステムマネージャーを務める。

プロジェクト室 システムマネージャー

池本 和史

KAZUFUMI IKEMOTO

遠藤 瞳

遠藤 瞳 HITOMI ENDOH

推進グループ マネージャー

北海道大学大学院にて燃焼工学を専攻。修了後は造船業にて施工管理を行うも、生まれ育った北海道にUターン転職。ガスジェネレータ、ロケットエンジン用インジェクタに知見を持ち、推進グループマネージャーを務める。

推進グループ マネージャー

遠藤 瞳

HITOMI ENDOH

山中 翔太

山中 翔太 SHOTA YAMANAKA

ターボポンプグループ マネージャー

東京大学卒業、大学院修了後、株式会社IHIエアロスペースでロケット開発6年。イプシロンやSS-520等のロケット全体設計、飛行安全、生産技術を経験。

ターボポンプグループ マネージャー

山中 翔太

SHOTA YAMANAKA

山岸 尚登

山岸 尚登 NAOTO YAMAGISHI

機構・構造グループ マネージャー

電気通信大学大学院修了後、本田技研工業株式会社で量産・レース用二輪車の設計に13年間携わり、大型二輪用電子制御スロットルシステムの開発リーダーなどを務める。2020年12月にインターステラテクノロジズ入社、MOMOの機構系設計、艤装設計を担当したのち、2023年から機構系・構造系設計のマネージャーを務める。

機構・構造グループ マネージャー

山岸 尚登

NAOTO YAMAGISHI

小谷 将太

小谷 将太 SHOTA KOTANI

生産技術グループ マネージャー

北海道の工業高校を卒業後、乳業メーカーにて勤務。生産管理や機械オペレーターとしてのスキルを別分野で活かしたいと想い、2020年にインターステラテクノロジズ入社。現在は生産技術、製造、組立、設備、品質検査系のマネージャーを務める。

生産技術グループ マネージャー

小谷 将太

SHOTA KOTANI

片桐 哲

片桐 哲 TETSU KATAGIRI

人財開発グループ マネージャー

立命館大学卒業。パーソルキャリア株式会社に入社後、株式会社MTGのSIXPADブランドの採用責任者として従事。その後、株式会社EVERINGのオペレーションマネージャー、株式会社Libryの採用責任者として勤務し、2022年7月から現職。

人財開発グループ マネージャー

片桐 哲

TETSU KATAGIRI

森岡 澄夫

森岡 澄夫 SUMIO MORIOKA

シニアフェロー

大阪大学大学院基礎工学研究科修了。博士(工学)。NTT、日本IBM、Sony、NECの各研究所において学術研究やプレイステーションポータブルなどの有名製品開発に16年間従事。Sony MVP 2004など受賞。その後ロンドンに4年間駐在、Imperial College LondonおよびNEC Europeで研究・経営企画・新事業開発。2016年よりインターステラテクノロジズに参画し、搭載コンピュータ系の研究開発や社内体制構築などをリード。

シニアフェロー

森岡 澄夫

SUMIO MORIOKA

早坂 陽

早坂 陽 AKIRA HAYASAKA

システムグループ リーダー

東京大学大学院にて無人航空機の自動制御を研究。修了後、川崎重工業株式会社にて5年間、ヘリコプタや航空エンジン向け駆動システムの新規開発および技術試験を経験。2021年にインターステラテクノロジズに入社。ZEROのシステム要求定義やフライトシミュレータの開発を担当するとともに、グループリーダーとして、誘導制御系の設計や飛行解析をはじめとする機体システム解析を統括。

システムグループ リーダー

早坂 陽

AKIRA HAYASAKA

PARTNERS協賛企業・団体

thanks for all the support!
44

COMPANY PROFILE会社概要

会社名インターステラテクノロジズ株式会社
事業開始2013年1月
資本金10億8,975万円
メンバー数168名(2024年6月現在)
役員代表取締役 CEO 稲川 貴大
取締役 VP of Launch Vehicle 中山 聡
取締役 COO 熱田 圭史
取締役 CFO 辻 高広
取締役 堀江 貴文
社外取締役 瓜生 憲
社外取締役 武智 聡
社外取締役 丹下 大
社外取締役 村上 輝夫
事業内容ロケットの開発・製造・打上げサービス
本社〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武149番地7
本店〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武690番地4
拠点一覧東京支社
〒135-0016 東京都江東区東陽6丁目3番2号 イースト21タワー6階

福島支社
〒975-0036 福島県南相馬市原町区萱浜字巣掛場45番245号 南相馬市産業創造センター

室蘭技術研究所
〒050-8585 北海道室蘭市水元町27-1 室蘭工業大学 地方創生研究開発センターT207室

本社工場
〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武149番地7

第一・第二工場
〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武690番地4

浦安工場
〒279-0002 千葉県浦安市北栄4丁目28番21号
取引銀行三菱UFJ銀行 北洋銀行 帯広信用金庫 他

DOWNLOAD                資料請求

                会社資料をお申し込みいただけます。
                資料請求には、メールアドレスの登録が必要となります。