2022/10/03

ふるさと納税型クラウドファンディング「超小型人工衛星打上げロケットを開発して、日本の未来につなげたい!宇宙のまちのロケット開発プロジェクト」寄附募集開始!

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡⼤樹町、代表取締役社⻑:稲川貴⼤、以下インターステラテクノロジズ)は2022年9月29日、宇宙のまちづくりを掲げる北海道大樹町のふるさと納税型クラウドファンディング(*1)の仕組みを活用し、「宇宙のまちのロケット開発プロジェクト」(以下本プロジェクト)を始めましたので、お知らせいたします。

2022年4月26日〜8月25日で行なったプロジェクトでは299人の支援者の方から6,074,444円の寄附をいただき、目標達成でプロジェクトを終えることができました。
ご支援いただいた皆様に感謝申し上げます。

好評につき、9月29日より新たなプトジェクトを開始いたしました。

本プロジェクトで集まった寄附金は、インターステラテクノロジズに補助金として交付され、開発が正念場を迎えている超小型人工衛星打上げロケット「ZERO」(以下ZERO)の試験用の設備投資などに活用します。インターステラテクノロジズは大樹町とともに、ロケット開発を通じた雇用・産業の創出や関係人口の増加など、宇宙産業による地方創生を実現することを目指しています。これは、大樹町が推進する商業宇宙港「北海道スペースポート」を通した宇宙版シリコンバレー形成への貢献にもつながります。
誰もが宇宙に手が届く未来を目指すインターステラテクノロジズの「みんなのロケット」に、ぜひ多くの方のご支援をお待ちしています。

◆プロジェクト名:超小型人工衛星打上げロケットを開発して、日本の未来につなげたい!!宇宙のまちのロケット開発プロジェクト
◆募集金額:1,500万円
◆募集期間:2022年9月29日~2022年12月27日(90日間)※募集期間は延長の場合があります
◆寄附金の使い道:ZEROの研究開発、設備投資、材料費、人材採用にかかる費用
◆お申し込み先:(1)北海道大樹町に直接お申し込み https://www.town.taiki.hokkaido.jp/soshiki/kikaku/shoko/gcf.html
        (2)ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」ガバメントクラウドファンディング htthttps://www.furusato-tax.jp/gcf/1965

*1 自治体の課題解決のため、ふるさと納税の寄付金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄附を募る仕組み