2022/09/15

【プレスリリース】インターステラテクノロジズ監修のロケット開発WEBTOONが「北海道宇宙サミット2022」で限定公開されます

©かっぴー/フウワイ/かもとも/ししゃも/スタジオアッツー/INCLUSIVE/ナンバーナイン

宇宙輸送と宇宙利用を通じて地球の課題解決を目指す宇宙の総合インフラ会社インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡⼤樹町、代表取締役社⻑:稲川貴⼤、以下インターステラテクノロジズ)は、監修のWEBTOON(スマホ特化型の縦読み漫画)「晴天のデルタブイ」が2022年9月29日(木)に帯広市で開かれる「北海道宇宙サミット2022」で参加者(現地・オンライン含む)に限定公開されることとなりましたので、お知らせいたします。

WEBTOONプロジェクトの概要

WEBTOON「晴天のデルタブイ」は、INCLUSIVE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田誠、以下INCLUSIVE)と、その子会社である株式会社ナンバーナイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林琢磨、以下ナンバーナイン)が制作し、原作者として「左ききのエレン」などの著者として知られるかっぴー氏が参画しています。宇宙産業は今後著しい成長が期待される一方で、日常生活の中ではまだ身近なものと認識されておりません。新しいコンテンツフォーマットであるWEBTOONを通じ、宇宙産業やロケット開発事業の理解促進と認知拡大を進めようと、インターステラテクノロジズ監修、北海道大樹町および同町で宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」を運営するSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長兼CEO:小田切義憲)の協力によるプロジェクトを2022年3月に発足させ、制作を進めてきました。

今後の展開

「晴天のデルタブイ」は北海道大樹町を舞台に、民間ベンチャーロケット会社が開発するロケットを宇宙に到達させるまでの波乱万丈な物語を描く挫折と挑戦の群像劇です。「シリーズ1」は全30話を予定しており、9月29日に北海道帯広市で開催される「北海道宇宙サミット2022」の期間中、イベントにお申し込みいただいた参加者限定で2話まで先行リリースします。一般リリースの詳細および実写ドラマ化、映画化などについては現在検討中であり追ってご案内させていただきます。

インターステラテクノロジズファウンダー 堀江貴文 コメント

今回配信されるウェブトゥーン「晴天のデルタブイ」を読んで宇宙ロケットを作りたい!と思う若者が増えてくれることを期待します!かっぴーさんの原作はネーム段階から読んでますけど相変わらず面白い!そして私のストレートなトークは美少女キャラにするとオブラートに包まれて納得感があるとの指摘を誰かに受けたことを覚えてくれてたんですね。楽しみです。

©かっぴー/フウワイ/かもとも/ししゃも/スタジオアッツー/INCLUSIVE/ナンバーナイン

北海道宇宙サミットとは

北海道宇宙サミットは、成長産業として注目される宇宙ビジネスと、あらゆる産業との繋がりをつくる日本最大級の宇宙ビジネスカンファレンスです。初開催となった昨年は宇宙ベンチャーの動向や関連産業による地域活性化などをテーマに登壇者が熱い議論を繰り広げました。参加者はオンラインも含めて2,600人を超え、北海道での宇宙ビジネスの可能性を感じていただきました。
2回目となる今年は「宇宙と出会おう。」をメインコンセプトに設定。ホクレン会長の篠原末治氏や堀江貴文氏、山崎直子氏ら22人の豪華スピーカーが登壇します。最新の世界情勢をはじめ、宇宙とスマート農業・ものづくり・エンタメなど日々の仕事や暮らしに身近な内容もテーマとしました。宇宙の活用方法を具体的に示すことで、宇宙分野への参入を増やし、北海道における関連産業集積、宇宙版シリコンバレー創出を目指します。
Website:​​​​​​​​https://hokkaidospaceport.com/summit/
参加申し込みフォーム:https://peatix.com/user/7656271/

「晴天のデルタブイ」制作プロジェクトについて

原作:かっぴー
ネーム:フウワイ
線画:かもとも
着色:ししゃも
背景:スタジオアッツー
編集:株式会社ナンバーナイン
制作:INCLUSIVE株式会社、株式会社ナンバーナイン
監修:インターステラテクノロジズ株式会社
協力:北海道大樹町、SPACE COTAN株式会社

▼プレスリリース 20220915_ロケット開発WEBTOON、北海道宇宙サミットで限定公開