2021/04/21

【プレスリリース】北海道スペースポート計画を推進するSPACE COTAN株式会社に創業時出資

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町代表取締役社⻑:稲川貴大、以下インターステラテクノロジズ)は、「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」をビジョンに掲げ、「世界一低価格で、便利なロケット」を開発している宇宙開発スタートアップ企業です。インターステラテクノロジズは、アジア初となる⺠間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の計画を推進するために設立されたSPACE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町代表取締役社⻑兼CEO小田切義憲、以下SPACE COTAN )に対して、2021年4月20日に創業出資を実施したことをお知らせします。

 

アジア初となる⺠間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート」について

北海道スペースポート(以下、HOSPO)は、世界中の宇宙産業に取り組むプレイヤー(⺠間企業・大学・研究機関・政府等)が自由に使える、アジア初となる⺠間にひらかれた宇宙港(スペースポート)として、2021年4月に北海道大樹町にて本格稼働しました。HOSPOは、30年以上宇宙のまちづくりを推進してきた北海道大樹町を中心として、北海道庁、北海道経済連合会など多くの道内企業や団体とともに進めてきたプロジェクトで、HOSPOを核として「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」ことを目指すものです。HOSPOは、世界の宇宙ビジネスを支えるインフラとして、宇宙産業に携わる全ての方々に快適なビジネス環境を提供し、人類の発展に貢献することを目指します。

HOSPOは、世界の宇宙産業の成⻑に貢献するため、観測ロケットのロケット射場・実験場や1000m滑走路を活用した航空宇宙実験に加え、今後は人工衛星用ロケットおよび宇宙旅行等を目的とした宇宙船(スペースプレーン)を対象とした実験・打上げ射場・滑走路の整備を進めます。また、人工衛星データを活用したビジネスの先進実験、さらにシェアリングエコノミーの概念に基づくシェア工場設備やシェアオフィス等の展開を含め、宇宙産業に携わる全ての方々に快適な研究・開発、そして地方創生を含むビジネスの環境を提供します。HOSPOは世界の⺠間企業が利用できる宇宙港としてはアジアで初めて稼働します。また、水平離着陸および垂直打上げ対応型の宇宙港としてもアジア初となります。

 

今回の投資について

インターステラテクノロジズは、「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」ビジョンの実現に向けて、2013年北海道大樹町にて創業し、⺠間企業単独でのロケット開発・製造を行っております。観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星を宇宙空間に運搬する人工衛星用ロケット「ZERO」を独自開発しています。インターステラテクノロジズは、北海道大樹町の本社および大樹工場から約8kmの近しい場所にあるロケット射場・実験場にて、MOMOの打上げやエンジン燃焼試験等を実施してきました。2019年5月4日(土)に打上げを実施した「宇宙品質にシフトMOMO3号機」は、⺠間企業単独で開発製造したロケットとして国内で初めて宇宙空間に到達しました。今後は、商業フェーズに進むMOMOの定常的な打上げと並行し、超小型人工衛星用ロケットZEROの2023年度の打上げに向けてロケット射場やエンジン燃焼試験等の実験設備が必要となります。ZEROは、HOSPO内に建設予定の人工衛星用ロケットのためのロケット射場Launch Complex-1(2023年度完成予定)にて打上げを実施する計画です。インターステラテクノロジズは、これまでもHOSPOの準備会社である北海道航空宇宙企画株式会社(本社:北海道大樹町代表:酒森正人(大樹町⻑)、略HAP)に2名を出向し、今回のSPACE COTAN設立準備を含めた事業開発をサポートしてまいりました。今回の出資では、ロケット打上げ事業者(ローンチサービスプロバイダー)のニーズや要求を反映したロケット射場の設計、SPACE COTANが世界中の⺠間ロケット打上げ事業者等を受け入れるための体制や仕組みづくり・ロケット打上げ時の各種サービス(推進剤やガス等の調達供給、気象情報等の提供等)の立上げを全面的にサポートしてまいります。インターステラテクノロジズは、北海道大樹町に根差す宇宙開発企業として、大樹町および道内団体や企業とともにALL北海道でHOSPOの計画を推進し、「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」ビジョンの実現、さらには日本の宇宙産業の発展に貢献してまいります。

 

SPACECOTANとは

SPACE COTAN株式会社は、「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」という大樹町の計画の具体的推進のために、大樹町および道内企業等が出資し、北海道大樹町にて設立されました。同社は、大樹町からの委任を受け、北海道スペースポートの管理運営、整備資金調達支援、射場の詳細設計、国の認定取得、国内外の顧客開拓、PR活動等の企画・運営を行います。●名称:SPACE COTAN株式会社●(SPACE COTAN Co.,Ltd.)●設立年月日:2021年4月20日(火)●代表:代表取締役社⻑兼CEO小田切義憲●所在地:北海道広尾郡大樹町字芽武183番地1●事業概要:大樹町からの委任に基づくHOSPOのプロジェクト推進業務全般(北海道スペースポートの管理運営、整備資金調達支援、射場の設計、国の認定取得、国内外の顧客開拓、PR活動等)、宇宙産業促進に向けた自主事業等

■プレスリリース詳細