MOMO 5号機

宇宙に到達したMOMO3号機。
続くMOMO4号機は、残念ながら宇宙到達はならず。 そしてMOMO5号機は、静電気や雷などの気象条件や、 振動などによる耐性を強化しました。
たくさんのお客様の夢とペイロードを載せて、MOMO、2度目の宇宙へ。

最新情報

ロケット打上げの最新情報は下記SNSで更新しています。

  
 
 

打上げ日

2020年1月3日(金)までの打上げは延期になりました。

次回の打上げ予定は決まり次第お知らせいたします。

スポンサー

MOMO5号機は、機体スポンサーをはじめとして、大学の観測機器、企業様からのご依頼により宇宙へ運ぶペイロードの他、おそらく日本初となる個人からのご依頼を受けてのペイロードも搭載しています。

機体広告スポンサー
有限会社なにわ有限会社なにわ 北九州に9店舗のお店を置く、お好み焼き・焼きそば・鉄板焼きの専門店 「なにわ」を経営しています。 今回はロケット機体に「お好み焼き 北九州伝統の味 なにわ」と掲載します。「なにわ」のロゴを機体に掲示いたします。 HP:https://okonomi-naniwa.com/
IMV株式会社IMV株式会社 モノが動けば必ず起こる『振動』のスペシャリスト。振動を『起こす』『測る』『分析する』世界的技術力を備えた振動試験装置メーカーです。 「IMV株式会社」のロゴを機体に掲示いたします。 HP:https://www.imv.co.jp/
ペイロード
高知工科大学「インフラサウンドセンサ(超低周波音マイク)」
高知工科大学「インフラサウンドセンサ(超低周波音マイク)」 高知工科大学総合研究所インフラサウンド研究室(室長:山本 真行 教授)が独自開発した、津波 ・雷・台風 ・噴火等の災害に繋がる自然現象を観測する技術の向上を目指した観測装置です。 「MOMO3号機」による取得データを踏まえ、比較実験を行います。 HP:https://www.kochi-tech.ac.jp/
平和酒造株式会社「紀土(きっど)純米大吟醸 宙(そら)へ!!」
平和酒造株式会社 「紀土(きっど)純米大吟醸 宙(そら)へ!!」 『紀土(きっど)純米大吟醸 宙(そら)へ!!』をロケットの燃料に添加し宇宙を目指します。ロケットの燃料にお酒を添加して打上げを行う世界初の試み。『紀土(きっど)純米大吟醸  宙(そら)へ!!』は「MOMO応援酒」として販売され、原材料や人件費等の必要費用を除いた利益のほぼ全てをスポンサー費用として提供いただきます 。 HP:http://www.heiwashuzou.co.jp/wordpress/
株式会社サザコーヒー「超 高級 パナマ・ゲイシャコーヒー」
株式会社サザコーヒー 「超 高級 パナマ・ゲイシャコーヒー」 「世界一高価なコーヒーを、宇宙へ」。超高級「パナマ・ゲイシャコーヒー」9種類を超高気密コーヒーパックに詰めた『サザ カップオン9』を搭載します。サザコーヒーはコロンビアで「パナマ・ゲイシャ」を育てています。コーヒーの育種から宇宙まで突き抜ける技術で、科学で賞味期限と戦う50周年企業です。 HP:http://www.saza.co.jp/
チル株式会社「シーシャ(水タバコ)フレーバー&吸い口」
チル株式会社 「シーシャ(水タバコ)フレーバー&吸い口」 チル株式会社は、忙しい日常に、ゆとりの時間(チル)を提供して世の中をリラックスさせる企業です。「チルインのシーシャの煙を宇宙に届けよう!」という思いで、都内に展開する水タバコ/シーシャ専門店「チルイン」のシーシャフレーバーを搭載します。リンゴのフレーバーとチルインロゴ入り吸い口をロケットに乗せ、宇宙を目指します。 HP:https://www.shisha-chillin.com/
超電磁Pさん「電子工作製作物」
超電磁Pさん 「電子工作製作物」 超電磁Pさんという個人の方の製作物を搭載し、宇宙空間で動作させる試みです。MOMOとしては初となる個人ペイロードとして搭載し、宇宙空間での作動を確認します。 Twitter:https://twitter.com/chodenzi
三菱プレシジョン株式会社「小型ロケット用航法センサ」
三菱プレシジョン株式会社 「小型ロケット用航法センサ」 三菱プレシジョン株式会社では、現在、小型ロケット向けに航法センサを開発しており、本実証ではその基本機能を確認することを目的としています。本航法センサは誘導制御用、飛行安全用の2種類の用途への適用を想定しておりロケットの位置、速度、姿勢、加速度、角速度を計測することができます。 各種宇宙機器の開発で培った経験をベースとしつつ、新たに開発した小型ロケット向けの次世代航法センサとして、低コスト化、機能追加、高性能化を実施しています。本実証では、開発中の小型ロケット用航法センサの基本機能である位置、速度の計測機能に関する実飛行環境でのデータ計測を目的としています。 HP:https://www.mpcnet.co.jp/
地上ミッション

株式会社瓢月堂「世界初の試み“ロケットファイヤー!たこ焼きプロジェクト” ロケットの火力で“たこパティエ“は焼けるのか?

株式会社瓢月堂の本格たこやきスイーツ「たこパティエ」をロケット打ち上げの際に噴出される炎で焼き上げるミッションです。本番での成功に向け、炎の当たる角度や時間など、緻密に調整中。果たして成功するのか!? 「たこパティエ」の運命はいかに!? たこパティエHP:https://hyogetsudo.com/products/detail.php?product_id=8

ロケットファイヤー!たこ焼きプロジェクト
たこパティエ 設置場所

機体デザイン

MOMO5 機体デザイン

ミッション

MOMOは最大20kgのペイロードを高度100kmまで低コストで打上げ、 4分間の微小重力環境を実現したのち、海上に落下します。 日本の民間主導で開発したロケットとして、初めて宇宙に到達した2019年5月のMOMO3号機、 そして同7月に打ち上げ、残念ながら宇宙まで到達しなかったMOMO4号機につづく、 MOMOシリーズ5番目の機体です。

ミッション

機体の特徴

MOMO5号機はインターステラテクノロジズ株式会社が開発した サウンディング(観測)ロケットです。

<MOMO4号機からの主な改良点>

【静電気・雷等への対策】 ・無線機サージ耐性調査 ・耐性強化・冗長系の追加 ・打上げ基準の見直し 【ケーブル・コネクタ脱落等への対策】 ・施工管理の厳格化 ・無線機系の受入試験内容の見直し

<機体データ>

全長:10m 全備重量:1150kg 機体直径:500mm 燃料:エタノール 酸化剤:液体酸素 推力:12kN 目標到達高度100km

ミッションマーク&スペシャルステッカー

MOMO5 ステッカー
宇宙兄弟 MOMO5 ステッカー

MOMO5号機クラウドファンディング、目標達成!

人気漫画「宇宙兄弟 」×インターステラテクノロジズ のコラボが実現! 宇宙兄弟とともにMOMO5号機の打上げ実施に向けたクラウドファンディングを 2019年10月6日(日)から11月30日(土)まで実施し、 522名の方から、総額10,289,064円のご支援をいただきました。 また、今回目標金額を達成したため、 宇宙兄弟作者の小山宙哉さんによって今回のコラボを記念した スペシャルイラストのステッカーがロケットの機体に貼られ、 宇宙を目指すことが決定いたしました。

MOMO5号機クラウドファンディング、目標達成! クラウドファンディングページはこちら