1997年、全国の宇宙好きが集まって、
民間による低価格の衛星打ち上げが可能な
最小ロケットの検討がスタートしました。

結果、数十グラムの衛星を軌道投入する打上げ重量数百kgの
超小型ロケットのコンセプトに至ったことが
現在のロケット開発に繋がっています。

当初は実験設備などなく、メンバーが住むアパートの風呂場で
最初のロケットエンジンの燃焼実験を繰り返し、
その後、拠点を北海道赤平町へ。

そして現在は北海道大樹町で、
今も続く夢を追いかけています。

2005
宇宙機エンジニア、科学ジャーナリスト、作家らが集まり、国内における民間宇宙開発を目指す組織「なつのロケット団」を結成、活動を開始。
なつのロケット団
2006
SNS株式会社が加わり、同社の一事業としてロケットエンジンの開発に着手。
2007
千葉県へ開発拠点を構え燃焼試験設備の整備に着手。
千葉県へ開発拠点を構え燃焼試験設備の整備に着手。
2008
最初のロケットエンジン(30kgf級)の燃焼試験に成功。
2009
北海道赤平市へ開発拠点を移し90kgf級エンジンの開発に着手。
2010
500kgf級エンジンの開発に着手し、100kgf級エンジンの開発に成功。
2011
3月:北海道大樹町にて最初のデモンストレーション打上げ機「はるいちばん」の打上試験に成功。
7月:大樹町にて2号機「なつまつり」の打上試験に成功。
12月:大樹町にて3号機「ゆきあかり」の打上試験に成功。
2012
7月:大樹町にて4号機「いちご」の打上試験に成功。
大樹町にて4号機「いちご」の打上試験に成功。
2013
1月:SNS株式会社のロケット開発事業を継承し、宇宙開発を専業とするインターステラテクノロジズ株式会社を北海道大樹町に設立。
3月:大樹町にて5号機「ひなまつり」の打上試験を行うが失敗。
8月:大樹町にて6号機「すずかぜ」の打上試験に成功。
11月:大樹町にて我が国初の純民間商業ロケット「ポッキー」の打上に成功。
宇宙開発を専業とするインターステラテクノロジズ株式会社を北海道大樹町に設立。
2014
高度100kmを目指した観測ロケットの開発を開始。
8月:大樹町でのエンジン燃焼施設を整備。姿勢制御試験機テストベッド「BLOCK1」燃焼試験に成功。
12月:姿勢制御拘束飛行実験機「HOP」飛行実験に成功。
2015
6月:経済産業省 研究開発事業を受託。
7月:姿勢制御飛行実験機「LEAP」の飛行実験に成功。
9月:姿勢制御飛行実験機「LEAP2」の飛行実験に成功。
インターステラテクノロジズ株式会社
2016
1月:100km打上機用10kN(1tonf級)エンジンの開発開始。東京大学との共同研究として、1200Nエンジン燃焼試験を実施。
3月:10kN(1tonf級)エンジン 長時間燃焼に成功。
5月:姿勢制御飛行実験機「LEAP3」の飛行実験に成功。
7月:姿勢制御飛行実験機「LEAP4」の飛行実験に成功。
サウンディングロケット「モモ」用12kNエンジン実験開始。
サウンディングロケット「モモ」打ち上げ支援クラウドファウンディングを実施、目標金額達成。
12月:12kNエンジン80秒燃焼試験実施。
2017
1月:12kNエンジンによる縦吹きジンバル作動燃焼実験に成功。
7月:観測ロケット「MOMO」初号機の打上げ実験を実施。

OUR ROCKETS

OUR ROCKETS