2021/09/02

【プレスリリース】全産業参加型の宇宙開発プログラム「みんなのロケットパートナーズ」に 各種試験の総合コンサルタント「株式会社ズコーシャ」が加入しました

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大、以下インターステラテクノロジズ)は、「誰もが宇宙に手が届く未来をつくる」というビジョンを掲げ、「世界一低価格で、便利なロケット」をコンセプトとして、観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星打上げロケット「ZERO」を独自開発・製造しているロケット開発企業です。
このたび、インターステラテクノロジズのパートナーシッププログラム「みんなのロケットパートナーズ」に、新たに株式会社ズコーシャ(本社:北海道帯広市西18条北1丁目17番地 代表取締役社長:高橋宣之、以下ズコーシャ)が加入しましたのでお知らせいたします。「みんなのロケットパートナーズ」の加入企業・団体・大学は2021年8月時点で、全部で28社となりました。
今後も、本プログラムの趣旨や当社の事業に共感・賛同いただける企業や団体を募集し、日本の宇宙産業全体の発展と国際競争力の向上に邁進してまいります。

 

騒音・振動調査システム「ZIoTS(ジオトス)」で、打上げ時の環境計測を支援

ズコーシャは研究・調査・計画から測量・設計までの一貫したサービス提供と、各種試験や評価、診断、補償、IT等の専門ノウハウを網羅した組織が特徴の総合コンサルタントです。
本プログラムで支援いただくのは、ズコーシャの研究部門とIT部門で開発した騒音・振動調査システム「ZIoTS(ジオトス)」です。
工事や道路交通に伴う騒音・振動・低周波の調査、予測、評価などに利用されているシステムで、インターステラテクノロジズが行うロケット打上げ時に発生する騒音測定環境をサポートいただきます。

■「みんなのロケットパートナーズ」支援内容

・騒音・振動調査システム「ZIoTS(ジオトス)」の貸し出し(射場近隣の牧場に設置し、環境計測を実施)

宇宙への新たな関わり方 みんなのロケットパートナーズ

「みんなのロケットパートナーズ」は、”宇宙産業を、日本の新たな産業に“という大義の元、2019年3月に立ち上げたインターステラテクノロジズのパートナーシッププログラムです。
宇宙は世界的に注目される成長産業で、2040年には宇宙ビジネスの市場規模は100兆円を超えるという試算も出ており、宇宙産業に興味や関心を寄せる企業・団体は増えています。
「みんなのロケットパートナーズ」は、全産業の方々に向けて、宇宙に関わる機会をご提供する仕組みです。各企業が持つ技術やノウハウ、ネットワーク等を活かしてロケット開発に参画いただいており、これまで丸紅株式会社、株式会社大林組、室蘭工業大学等28の企業・団体・大学等に加入いただいております。

▼プレスリリース https://drive.google.com/file/d/1uv-IiEzA0XPKWUGjgnRXwCUTX_UAPSQu/view?usp=sharing