2020/12/21

【プレスリリース】新会社「Our stars株式会社」を設⽴し、⼈⼯衛星事業に参⼊

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡⼤樹町代表取締役社⻑:稲川貴⼤、以下インターステラテクノロジズ)は、「誰もが宇宙に⼿が届く未来をつくる」ことをミッションとする、ロケット開発スタートアップです。この度、インターステラテクノロジズは、2021年初頭に⼦会社「Our stars株式会社(以下、Our stars )」を設⽴し、⼈⼯衛星事業に参⼊することをお知らせいたします。

 

“ロケット×⼈⼯衛星“、垂直統合サービスが宇宙産業に⾰新を起こす

インターステラテクノロジズは、「世界⼀低価格で、便利なロケット」をプロダクトコンセプトとして、観測ロケットMOMOと並⾏して、超⼩型衛星打上げロケットZEROを開発しています。近年世界では、Space X社(⽶国)の”Starlink”、Blue Origin社(⽶国)とAmazon社(⽶国)の“Project Kuiper”など、ロケット開発企業が⾃社のロケットを活⽤して⾃社の⼈⼯衛星を打上げる垂直統合型のビジネスモデル(*1)が⽣まれ、宇宙産業に⼤きな変⾰をもたらしつつあります。インターステラテクノロジズは、⾃社の⼩型ロケットZEROを活⽤し、⽇本初の“ロケット×⼈⼯衛星”の統合サービスを開発するため、この度Our starsを設⽴いたします。Our stars は、ZEROでの打上げを想定し最適化された超⼩型⼈⼯衛星を研究開発・製造し、⼈⼯衛星による観測データの取得や情報通信、宇宙空間での実験環境を提供し、⼈々の⽣活や暮らしをより便利に、より豊かにすることに貢献してまいります。

*1:垂直統合型ビジネスモデルは、⾃社の製品やサービスを市場に供給するためのバリューチェーンに沿って、付加価値の源泉となる⼯程を企業グループ内で連携し、特定事業ドメインの上流から下流までを統合して競争⼒を⾼めるビジネスモデルのことを指す。

 

新会社概要

・会社名:Our stars株式会社
・設⽴時期:2021年初頭
・役員:代表取締役社⻑堀江貴⽂、役員稲川貴⼤
・事業内容:⼈⼯衛星等を活⽤したソリューションの提案
・⼈⼯衛星等の研究開発・製造・運⽤
・⼈⼯衛星データに関する事業
・資本:インターステラテクノロジズの100%⼦会社として設⽴、今後資⾦調達を予定

 

▼プレスリリース
人工衛星サービスのメリット・事業内容の詳細はこちらをご参照ください。
20201221_satellite_ist_release

 

▼2020.12.22(火)更新

プレスリリースについて一部表現を修正させていただきましたので、ご連絡いたします。

<修正箇所 :2ページ目 宇宙実験用衛星+回収カプセル>

修正前:2024年にISS(国際宇宙ステーション)の運⽤終了が予定されていますが、ISS終了後も宇宙空間での 無重⼒実験環境を衛星にて提供いたします。

修正後:2024年までにISS(国際宇宙ステーション)の今後の運用が見直されることとなっています。私たちは今後の宇宙空間での無重力実験環境を、宇宙実験用衛星にて提供いたします。