2020/08/19

【キャステムxインターステラテクノロジズ】「宇宙から紙ヒコーキを飛ばす」プロジェクト、1年越しの再始動!新たな挑戦への参画者を募集

〜今度は世界中の人の夢をのせて宇宙へ!!⺠間ロケットで紙ヒコーキを宇宙に放出する世界初の挑戦〜

株式会社キャステム(広島県福山市、代表取締役:戶田拓夫、以下キャステム)と、インターステラテクノロジズ株式会社 (北海道広尾郡大樹町、代表取締役社⻑:稲川貴大、以下IST)は協同し、2019年7月にISTが開発した観測ロケットMOMOを使い、「宇宙から紙ヒコーキを飛ばす」プロジェクトを実施しました。結果は、ミッション未達に終わりましたが、叶わなかったこの夢を成功させる為、1年後しに再始動することが決定しました。それに伴い、本プロジェクトのSTEP2(プロジェクトの概要参照)で新たな挑戦となる「超小型カメラ」「通信機器」「軽量バッテリー」「遠隔操縦」の4つの開発の支援をして頂ける参画企業・教育機関・個人の募集を行います。
募集期間:2020年8月19日(水)~2020年10月31日(土)(URL:https://www.castem.co.jp/ist.html/)

【募集詳細】
■プロジェクトの期間:2020年8⽉〜2023年頃を予定

■プロジェクトの⽬標:
1. ロケットに紙ヒコーキを搭載し、宇宙空間で紙ヒコーキを⾶ばす
2. 宇宙空間で⾶ばす紙ヒコーキにカメラを搭載し、紙ヒコーキからの映像を地上へ送る
3. カメラを搭載した紙ヒコーキを遠隔操縦して地球上(⽬的地)に着陸させる

■募集期限:2020年8⽉19⽇(⽔)〜2020年10⽉31⽇(⼟)

■募集事項:
1. 超⼩型カメラの開発
2. 通信機器の開発
3. 太陽光で蓄電可能な軽量バッテリーの開発
4. 宇宙空間で操作可能な遠隔操縦の開発
機器類の合計重量3gでの機器開発⽀援をしていただける⽅

■募集対象
1. 無線機器メーカー
2. 電⼦機器メーカー
3. ⼤学、⾼等専⾨学校の教育研究機関⼜は、機器開発⽀援が可能な技術を有する学⽣
4. 機器開発⽀援が可能な技術・能⼒のある個⼈
以上の条件に関わらず、開発の専⾨知識・技能を有する企業や研究機関、⼤学等も募集条件に含みます。
※当社の基準に基づき選考をさせていただく場合もございます。
※個⼈での応募の⽅に関しては、後⽇ご提供いただける技術・能⼒等を資料提出やプレゼン等を⾏っていただく予定です。
今回のプロジェクトへ賛同いただき、募集事項に沿った技術等を有した、熱意のある⽅を募集しています。

■応募フォーム
下記の応募フォーム(PDF)をダウンロードしていただき、必要事項を記⼊してください。
記載した応募フォームは、メールまたはファックスにて下記までお送りください。
※ご応募された⽅には、後⽇担当者よりご連絡いたします。
応募フォーム(PDF):https://prtimes.jp/a/?f=d35017-20200806-7238.pdf
<送付先>
株式会社キャステム 担当者:広報セクション
FAX:084-955-2065
E-mail: koho@castem.co.jp

■ページ
1. WEBサイト:https://www.castem.co.jp/ist.html
2.「宇宙から紙ヒコーキを⾶ばす」プロジェクト公式ツイッター:https://twitter.com/castem_IST
【本件に関するお問合せ先】
株式会社キャステム 担当者:広報セクション
TEL:084-955-2221 FAX:084-955-2065
E-mail: koho@castem.co.jp

【ロケットに関するお問合せ先】
インターステラテクノロジズ 株式会社 担当者:⼩林 / 中神(なかがみ)
Mail : press@istellartech.com Tel : 01558-7-7330
Web: http://www.istellartech.com/
株式会社キャステムのプレスリリース⼀覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/35017

■プレスリリース詳細
2008_宇宙から紙ヒコーキプロジェクト_プレスリリース