2020/07/24

インターステラテクノロジズ、観測ロケット「ねじのロケット」打上げを2020年7月25日(土)に実施

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大)は、「世界一低価格で、便利なロケット」をコンセプトとして観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星を宇宙空間に運搬する軌道投入ロケット「ZERO」を独自開発しています。
先日2020年7月19日、観測ロケット「ねじのロケット」の打上げを試みたところ、点火器の温度上昇が確認できなかったことにより自動停止いたしました。この度、不具合の事象に対して早急に原因究明と対策活動を行い、下記の通り打上げを実施することが決まりましたので、お知らせします。

 

観測ロケット「ねじのロケット」打上げ概要

打上げ予定日時 :2020年7月25日(土)11:00
打上げ可能時間帯:11:00~12:20、16:05~17:50(日本標準時)
打上げ場所 : インターステラテクノロジズ大樹ロケット射場(北海道大樹町)

※気象条件、打上げ準備状況、その他複合的要因により、打上げを延期する可能性があります。

 

点火器の不具合原因の究明・対策を実施。

2020年7月19日に「ねじのロケット」の打上げを試みた際、基準値以上の温度上昇を確認できなかったことから機体は自動停止いたしました。この不具合を受け、データと機体を調査した結果から現時点において考えられる原因について確認と対策を施しました。柔軟な開発体制の当社で、「ねじのロケット」はスピーディに対策を行い宇宙を目指します。
<原因究明のために実施した事項>
・取得した温度データの調査
・使用した点火器の分解/調査
・電装品を含む点火器系統の機体内部品を調査
・点火器系統の地上設備部品を分解/調査

<打上げに向けて実施している事項>
・点火器の新品への交換
・機体内および地上の点火器ガス系統の部品を清掃/交換

新型コロナウイルス感染症対策として、打上げ日時を前日に発表。
完全無観客打上げ、打上げの様子はYouTube等にてライブ配信。

当社は、「ねじのロケット」打上げの新型コロナウイルス感染症対策として、見学場の封鎖、完全無観客、立入り制限区域の拡大などの最大限の対策を実施いたします。
打上げの様子はYouTube等でライブ配信を行います(配信の詳細情報は当社公式Facebook、Twitterをご確認ください)。ぜひ、多くの方にライブ配信にてロケット打上げを愉しんでいただけたらと思います。

《ねじのロケット打上げに伴う新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策》

・打上げ日時の発表を直前まで控える
・見学場封鎖による完全無観客打上げ
・見学の方が大樹町に来ないように自粛を呼びかけ
・立入り制限区域の拡大(打上げを見られる場所を大幅に減らす)
・制限区域外で人が入れそうな場所へのパトロールと声掛けの準備
・YouTube、ニコニコ動画によるライブ配信の充実(詳細は当社SNSにてご案内します)
・打上げ後記者会見は、オンラインで実施
・新聞・チラシ等で立入り制限区域やパトロールエリアを周知

 

▼プレスリリース詳細
日本語版
20200724_final_MOMO-F7_release
英語版
20200724_final_MOMO-F7_release(english)