2020/07/02

インターステラテクノロジズ「ねじのロケット」 追加スポンサー決定のお知らせ

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大、以下インターステラテクノロジズ)は、 「世界一低価格で、便利なロケット」をコンセプトとして観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星を宇宙空間に運搬する軌道投入ロケット「ZERO」を独自開発しています。当社は、先日6月19日に観測ロケット「ねじのロケット」の打上げを2020年夏に行うこと、スポンサーとミッションを発表する記者会見を実施いたしました。そしてこの度、追加で3つのペイロードのスポンサーが決定しましたのでお知らせ申し上げます。
 
「えんとつ町のプペル MOMO5号機」に続いて、3社がスポンサーを継続

「ねじのロケット」では、「えんとつ町のプペル MOMO5号機」でペイロードを搭載した3つの企業・大学が前回に引き続き今回もスポンサーとなり、宇宙をめざすこととなりました。前回と同様に、様々なミッションを準備して打上げに挑みます。

 

■機体スポンサー
・高知工科大学 「インフラサウンドセンサ(超低周波音マイク)」
インフラサウンドセンサー(超低周波音)を搭載した実験は、津波・雷・台風・噴火等の災害に繋がる自然 現象を遠隔観測する技術の向上を目指したものです。
同大学のセンサーは「MOMO2号機」から連続4回搭載し今回が5回目。「宇宙品質にシフト MOMO3号機」をはじめとして、4号機・5号機および地上観測データとの比較により防災につながる理工学的研究を進めます。

・株式会社サザコーヒー「超高級 パナマ・ゲイシャコーヒー」
「世界一高価なコーヒーを、宇宙へ」。超高級「パナマ・ゲイシャコーヒー」を搭載します。
前回「えんとつ町のプペル MOMO5号機」に続き、3度目のペイロード搭載となります。

・平和酒造株式会社「日本酒 “紀土(きっど) 純米大吟醸 宙(そら)へ!!”」
平和酒造株式会社(和歌山県海南市)の「紀土(きっど) 純米大吟醸 宙(そら)へ!!」を、ロケットの燃料に添加し宇宙を目指します。ロケットの燃料にお酒を添加して打上げを行う世界初の試み。「ねじのロケット」でも日本酒×日本製のロケットで宇宙に再挑戦します。
「紀土(きっど) 純米大吟醸 宙(そら)へ!!」は、「MOMO」応援酒として販売され、原材料や人件費等の必要費用を除いた利益のほぼ全てをスポンサー費用として提供いただきます。
※前日の日本酒添加式はございません。

 

▼プレスリリース詳細
ねじのロケット_追加スポンサー発表_200702