2020/06/02

コロナに負けない!日本のロケット開発を止めない! 緊急支援クラウドファンディングは過去最多の4200万円を突破! ~コロナによる打上げ延期を乗り越えて。みんなの力をあわせて宇宙を目指す~

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大)は、当初 5月2日に観測ロケット「えんとつ町のプペル MOMO5号機」の打上げを予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、大樹町からの強い要請を受け、これに応じる形での打上げを延期いたしました。ロケット打上げの延期は、事実上の企業活動の停止となり、休業補償も出ない苦しい状況に直面しました。

そこで、5月2日(土)18時半より、インターステラテクノロジズ緊急支援クラウドファンディングをCAMPFIREにて急遽立ち上げ、開始いたしました。目標金額を900万円(2019年秋に実施したMOMO5号機のクラウドファンディングと同額)と設定した今回のクラウドファンディングでしたが、開始からわずか10時間足らずで目標を達成し、目標の471%となる42,397,419円、2,475名もの方にご支援をいただきました。当社が実施したクラウドファンディングでは、支援金額・支援人数共に過去最多となります。「えんとつ町のプペル MOMO5号機」はみんなの思いをのせて宇宙を目指します。

《緊急支援クラウドファンディング 概要》
■タイトル   :【新型コロナに負けない!】インターステラテクノロジズは宇宙開発をあきらめない!!
■主催     :インターステラテクノロジズ株式会社
■目標金額   :900万円
■支援金額   :42,397,419円(達成率471%)
■支援人数   :2,475名
■寄附受付期間 :2020年5月2日(土)~2020年5月31日(日) 30日間
■申し込み先  :CAMPFIRE ページ https://camp-fire.jp/projects/view/273150
■資金使途   :
・企業活動自粛に伴う、休業補償、経営資金の補填
・ロケットの開発、打上げ準備費用
・感染症対策の強化、来町自粛PRのため

 

最終夜にはYouTube生配信も

支援者の方への感謝を伝えたいとし、最終日の21時~24時にはYouTubeでの生配信「クラウドファンディング最終日・大大大感謝ライブ配信!」を行いました。
生配信中にも約200万円の支援が集まり、配信中のコメントでは「自分も宇宙開発に関われているようで嬉しい」「次の打上げを楽しみにしています」など応援のメッセージをいただいております。代表取締役社長の稲川をはじめとするインターステラテクノロジズのメンバーの思いを伝える場となり、感謝するとともに「皆さんの思いを必ず宇宙に届けよう」と襟を正す配信となりました。

 

▼プレスリリース詳細

200602_MOMO-F5CF_release

 

■参考:インターステラテクノロジズ公式YouTubeチャンネル「クラウドファンディング最終日・大大大感謝ライブ配信!」

https://www.youtube.com/watch?v=G6xo4vpI5JA