2020/04/02

企業・大学・研究機関等からエンジニア出向を受け入れる「助っ人エンジニア制度」を開始

ロケット開発の求ム! 

インターステラテクノロジズは、企業からエンジニア出向を受け入れる「助人エンジニア制度」をはじめます。

~20204月、トヨタよりエンジニア受け入れを開始~

 

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大、以下IST)は、「世界一低価格で、便利なロケット」をコンセプトとして観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星を宇宙空間に運搬する軌道投入ロケット「ZERO」を独自開発しています。 2020年4月から研究開発のスピードを加速させるために、企業・大学・研究機関等からエンジニアの人材受け入れを行う「助っ人エンジニア制度」を開始いたします。4月1日からは、自動車メーカー「トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)」から研究開発エンジニアの方が2名、当社に出向いたします。

ロケット開発は、最先端の学び場

「助っ人エンジニア制度」は、様々なものづくりの業界(航空宇宙業界を含む)の企業・大学・研究機関等に所属するエンジニアが、当社に一定期間出向して、当社の社員とともに創意工夫をしながらロケットの研究開発を行うプログラムです。最初に参画いただいたトヨタ様は、エンジニアが所属する企業の枠を超え、スタートアップでの研究開発という異なるフィールドで活躍をし、さらなる成長や課題解決力の向上を目的として、本制度に参加いただきました。

みんなの力で、宇宙を目指す

従来は国家主導の事業であったロケット開発を民間企業として成功させるためには、当社だけではなく、多くの企業団体の力をいただきながら開発を進める必要があります。当社はこれまで、“開かれた宇宙開発”をテーマに、ロケット開発スタートアップを応援する法人サポーターズクラブ「みんなのロケットパートナーズ(略称:みんロケ)」の設立・運営や、企業・大学・研究機関等との共同研究開発などを進めてまいりました。しかし、軌道投入ロケット「ZERO」の開発の加速に伴い、各領域の専門性を持った人材の必要性の高まりを受け、「助っ人エンジニア制度」を開始し、企業や団体からの人材受け入れを積極的に行ってまいります。今後も私たちとともに宇宙を目指す「助っ人エンジニア」を募集しておりますので、様々な企業・大学・研究機関等からのご連絡をお待ちしております。

▼プレスリリース詳細

200402_sukettoengineer_release_F