2019/11/26

「MOMO5号機」、2019年に北海道での冬の打上げに挑戦。「MOMO5号機」スポンサー・ミッション決定のお知らせ

2020年の「MOMO」の量産化に向けて、冬の打上げに初挑戦

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大)は、現在開発中の観測ロケット「MOMO5号機」の打上げを2019年冬に北海道大樹町にて行います。(詳細な日時については、後日発表致します)前回打上げた「ペイターズドリーム MOMO4号機」から原因究明・対策を行い、当社は「MOMO5号機」で再び宇宙を目指します。

観測ロケット「MOMO」はこれまで過去4機の打上げを実施し、「宇宙品質にシフト MOMO3号機」では高度113.4kmまで到達し、民間単独で開発したロケットとして国内で初めて宇宙に到達しました。世界的にみても、民間開発の液体燃料のロケットで宇宙に到達した例としては4社目、米国以外では初めてとなります。

「MOMO初号機」~「ペイターズドリーム MOMO4号機」までは全て春~夏の期間での打上げとなっていますが、2020年からの「MOMO」の量産化に向けて、打上げ可能期間を広げるべく、2019年に冬の北海道での打上げに挑戦いたします。

 

「MOMO5号機」のスポンサーが決定

2019年冬に打上げを予定している観測ロケット「MOMO5号機」において下記の通りスポンサーを決定しましたので、発表いたします。企業7社と個人の方1名様から機体スポンサーのご支援やペイロード等のご依頼をいただき、再び宇宙を目指し、宇宙での様々なミッションに挑戦してまいります。

■ロケット機体スポンサー

・有限会社なにわ:創業1969年、北九州市に9店舗を置く、お好み焼き・焼きそば・鉄板焼きの専門店「なにわ」のロゴを機体に掲示いたします。

・IMV株式会社:大阪府に本社を置く、世界TOPシェアの振動試験装置メーカー「IMV株式会社」のロゴを機体に掲示いたします。

「MOMO5号機」が挑戦するミッション

2019年冬に北海道大樹町で打上げ予定の「MOMO 5号機」は、様々な企業からお預かりした5つのペイロードを宇宙に運ぶミッションに挑戦します。 

■ペイロード

・平和酒造株式会社「日本酒 “紀土(きっど) 純米大吟醸 宙(そら)へ!!”」

・高知工科大学「インフラサウンドセンサ(超低周波音マイク)」

・チル株式会社「シーシャ(水タバコ)フレーバー&吸い口」

・株式会社サザコーヒー「超 高級 パナマ・ゲイシャコーヒー」

・個人搭載「超電磁P様の電子工作製作物」

■地上ミッション

・株式会社瓢月堂「世界初の試み “ロケットファイヤー!たこ焼きプロジェクト” 始動-ロケットの火力で“たこパティエ”は焼けるのか?-」

▼プレスリリース詳細

191126_F_MOMO F5_sponsor_web