2019/10/07

MOMO5号機 応援クラウドファンディングを開始。人気漫画「宇宙兄弟」が、ISTのロケット開発を応援

「再び宇宙へ!みんなと宇宙兄弟のチカラでMOMO5号機を宇宙に送ろう!」

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川 貴大)は、宇宙空間へ低コスト・オーダーメイドのロケット打上げサービスを提供するため、観測ロケット「MOMO」と超小型衛星を宇宙空間に運搬する軌道投入ロケット「ZERO」を独自開発しています。この度、MOMO5号機の打上げ実施に向けたクラウドファンディングを2019年10月6日(日)から開始しました。今回は、宇宙を目指す我々の挑戦に共感した人気漫画「宇宙兄弟」が強力なパートナーとして、インターステラテクノロジズのロケット開発を応援してくれることになりました。 私たちは、宇宙兄弟とともに、もう一度宇宙を目指します。

―――――――――――――――――――――――――――

この度、人気漫画「宇宙兄弟」が宇宙に挑戦し続ける当社の姿勢に共感し、MOMO5号機の開発・打上げを応援してくれることが決定しました。当社のテーマである「誰もが行ける宇宙を」という思いに「宇宙兄弟」のテーマとも通じるものを感じていただき、今回のコラボレーションに至りました。

《宇宙兄弟作者 小山宙也氏からの応援メッセージ》

「『宇宙兄弟』の中で日本の民間企業が自社でロケット開発をし、失敗を繰り返しながら精度を高め、ロケット打ち上げの成功率を徐々に上げていくストーリーを描きました。

漫画ではペン先ひとつで成功も失敗も簡単に描けてしまうものですが、正にこれを現実に実現しようと研究し、実行しているMOMO開発に携わる皆様をただただ尊敬するばかりです。

宇宙がもっと身近になるために

日本の民間ロケットが当たり前のように宇宙へ飛ぶ時代が来るためにMOMOがあるのだと信じています。

みんなの応援が燃料になり、MOMOを宇宙へ飛ばします。

みんなでMOMOを見上げましょう。      小山宙哉」

 

―――――――――――――――――――――――――――

宇宙をもっと「自分ごと」に。宇宙兄弟×IST限定コラボグッズをリターンとしてご用意。

当社は、MOMO初号機~MOMO4号機でもクラウドファンディングを実施し、延べ3,388名と多くの方にロケット開発や宇宙を「自分ごと」として感じていただきました。今回、2019年10月6日(日)から開始するクラウドファンディングでは、打上げ報告書や地上支援スタッフ参加権などの通常のリターンに加えて、「宇宙兄弟」×「インターステラテクノロジズ」の限定コラボグッズをリターンとしてご用意したほか、目標支援額である900万円以上のご支援が集まった場合、宇宙兄弟のロケット応援スペシャルイラストがMOMO5号機とともに宇宙に向かいます。また、宇宙兄弟の物語の中でも登場する「ALS」の治療方法を見つけるための研究開発費を募る「せりか基金」への寄附が可能となるリターンも準備いたしました。

《クラウドファンディング詳細》

タイトル  :「再び宇宙へ!みんなと宇宙兄弟のチカラでMOMO5号機を宇宙に送ろう!」プロジェクト

実行者   :インターステラテクノロジズ株式会社

目標金額  :900万

寄附金額  :6000円から可能

受付開始日 :2019年10月6日(日)20:00

実施期間  :2019年10月6日(日)~11月30日(土)

URL    :https://camp-fire.jp/projects/view/202761

申し込み方法:上記プロジェクトページにてお申込み

使い道   :MOMO5号機のロケット開発・打上げ実施費用

 

▼プレスリリース詳細

201910_MOMO5CF_release