2019/08/21

インターステラテクノロジズ、室蘭工業大学との共同研究を開始

インターステラテクノロジズ、国立大学法人室蘭工業大学との共同研究を開始

超小型ロケットの低コストターボポンプの研究実施や人材育成を目指す

インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役:稲川貴大、以下当社)は、従来よりも低コストかつ高頻度で超小型衛星を打上げ可能な宇宙輸送事業の実現をミッションとして掲げており、この実現にむけ観測ロケット「MOMO」に並行して、衛星軌道投入ロケット「ZERO」の開発を現在進めております。

この度、当社は国立大学法人室蘭工業大学(北海道室蘭市 学長 空閑良壽)と共同研究等に関する契約を締結することを発表いたしました。超小型ロケットの事業化に不可欠な低コストターボポンプについての共同研究を行うとともに、これらを通じた人材育成を目指します。本契約は、室蘭工業大学航空宇宙機システム研究センターが取り組む研究シーズと当社の事業展開に必要としている技術ニーズを組み合わせるという「組織と組織」の総合力を集めた包括的な産学連携を目指す第一歩となります。

今後は、今回の共同研究も踏まえ、ロケット開発の成果の創出や、研究者の人材交流に向けて積極的に取り組んでまいります。

 

▼プレスリリース文書

インターステラテクノロジズ、室蘭工業大学との共同研究を開始